研究会からのお知らせ

管路更新を促進する工事イノベーション研究会(第2期) 令和3年度 研究経過報告書

当協会では「管路更新を促進する工事イノベーション研究会」を平成30年に設置し、小規模な水道管路の更新工事を対象とした「地元工事業者を主体とした設計施工一括発注方式(小規模簡易DB)」を提案し、3つの事業体においてモデル事業を実施しました。その成果として、小規模簡易DB導入のために必要な情報、手順等の検討経過、及び実施後の検証・評価について整理し、研究会(第1期)報告書(令和2年5月)として情報提供を行いました。

令和2年からの研究会(第2期)では、第1期の検証・評価を踏まえながら参加18事業体のそれぞれの事業環境において、小規模簡易DBの導入の調整、モデル事業の取組みが成されました。取組みを進めるにあたり、それらの実施事例の蓄積、情報の共有とともに、管路更新を進めるうえでの課題等についても幅広く議論を行っています。


令和3年度は、42件のモデル事業が15の委員事業体で実施されました。本報告書では、モデル事業を導入・実施するにあたり委員事業体で取り組まれた具体的な事例に加え、モデル事業の進捗に合わせて実施した事業体や受注された管工事業者の皆さんへのヒアリング状況を掲載しています。詳細は令和3年度 研究経過報告書をご参照ください。

管路更新を促進する工事イノベーション研究会(第2期)
令和3年度 研究経過報告書 目次

  1. はじめに
  2. 研究会(第2期)の活動概要
  3. 活動の経過(活動履歴・課題への対応)
  4. モデル事業の実施状況
  5. モデル事業を通じた小規模簡易DBの効果検証(途中経過)
  6. 令和4年度の研究会予定
  7. おわりに

【資料一覧】
資料1  ⼩規模簡易DB の導⼊説明例(会津若松市)
資料2  簡易DB方式試行のホームページ公告(堺市)
資料3  簡易DB方式試行の質疑応答例(会津若松市、堺市)
資料4  概算数量設計による配水管布設工事発注方式
     (小規模簡易DB方式)試行実施要領(盛岡市)
資料5  ⼩規模簡易DB における設計費の積算事例
資料6  小規模簡易DBで⽤いる概算数量の算出方法(案)
資料7  詳細設計の照査チェックリスト(案)
資料8  道路占用申請図面の作成例
資料9  小規模簡易DBの効果検証ヒアリング結果(途中経過)
【令和2・3 年度 ⼩規模簡易DB 等の実施事例】会津若松市、氷見市、明石市、鹿児島市、十和田市


PAGE TOP