JDPAサイト内検索(当サイト内で検索したい文字を入力してください)

  現在ダクタイル鉄管関連の主な規格には、次のようなものがあります。
  日本工業規格 / 日本水道協会規格 / 日本下水道協会規格 / 日本ダクタイル鉄管協会規格

 
 日本工業規格
JIS A 5314‐1998 ダクタイル鋳鉄管モルタルライニング
  呼び径75〜2600ダクタイル鋳鉄管の内面に行うモルタルライニングについて、材料、成形方法、ライニングの厚さ及び外観などが規定されている。
JIS G 5526‐1998 ダクタイル鋳鉄管
JIS G 5527‐1998 ダクタイル鋳鉄異形管
  呼び径75〜2600ダクタイル鋳鉄管及び異形管の機械的性質、水密性、形状、寸法、外観及び試験方法などについて規定されている。接合形式は、K形、T形、U形、KF形、UF形、SII形、S形、US形、PII形、フランジ形(異形管のみ)などが規定されている。また、JIS G 5527の附属書に接合部品が規定されている。
JIS G 5528‐2006 ダクタイル鋳鉄管内面エポキシ樹脂粉体塗装
  ダクタイル鋳鉄管及び異形管の内面に塗装する、エポキシ樹脂粉体塗装の塗料、塗装方法、塗膜の品質及びその試験方法などについて規定されている。


 
 日本水道協会規格
JWWA A 113‐2010 水道用ダクタイル鋳鉄管モルタルライニング
  呼び径75〜2600水道用ダクタイル鋳鉄管の内面に行うモルタルライニングの厚さ、ひび割れ、外観、浸出性、材料、成形方法、試験、検査などについて規定されている。
<平成22年7月23日に改正された主な内容>
1)シールコートを塗装したライニングの浸出性及び浸出試験が規定された(従来はシールコートのみの浸出性が規定されていた)。
2)シールコート、混和材料、補修材に使用する原材料が規定された。
3)pHの増加量は、浸出性の項目とし、浸出操作及び分析方法は、JWWA Z 108(水道用資機材−浸出試験方法)とJWWA Z 110(水道用資機材−浸出液の分析方法)に見直された。
JWWA G 112‐2004 水道用ダクタイル鋳鉄管内面エポキシ樹脂粉体塗装
  水道用ダクタイル鋳鉄管及び異形管の内面に用いるエポキシ樹脂粉体塗装の塗料の組成、品質(物性及び浸出性など)、試験、塗装方法、塗膜の品質(厚さ、ピンホールなど)などについて規定されている。
JWWA G 113‐2010 水道用ダクタイル鋳鉄管
JWWA G 114‐2010 水道用ダクタイル鋳鉄異形管
  呼び径75〜2600水道用ダクタイル鋳鉄管及び異形管の機械的性質、黒鉛球状化率、浸出性、水密性、形状、寸法、質量、外観、試験、検査などについて規定されている。接合形式はNS形、SU形、S形、US形、PU形、KF形、UF形、K形、T形、U形及びフランジ形(異形管のみ)が規定されている。また、附属書Aには接合部品、附属書Bには浸出性及び浸出試験方法、そして、附属書Cには継手性能試験方法が規定されている。
<平成22年7月23日に改正された主な内容>
1)継手性能(継手性能試験)が規定された。
2)呼び径300〜450のNS形管、US形管のLS方式、呼び径75〜250のNS形ゴム輪(タイプU)が追加された。
3)呼び径75〜250のSU形管、呼び径700のU形・UF形・US形管、PI形管及び呼び径700以上の形式1のフランジ形異形管(RF形−RF形フランジの組合せ)が削除された。
4)異形管の内面塗装にJWWA K 157の無溶剤形エポキシ樹脂塗装が追加された。
JWWA K 135‐2007 水道用液状エポキシ樹脂塗料塗装方法
  水道施設に使用する管類などの内面に塗装する二液性溶剤形エポキシ樹脂塗料の組成、品質(物性及び浸出性など)、試験、検査、塗装方法、塗膜の品質(厚さ、ピンホールなど)などについて規定されている。
JWWA K 139‐2008 水道用ダクタイル鋳鉄管合成樹脂塗料
  水道用ダクタイル鋳鉄管及び異形管の外面及び継手部に塗装する合成樹脂塗料の組成、品質(物性及び浸出性など)、試験、検査などについて規定されている。
JWWA K 156‐2004 水道施設用ゴム材料
  水道施設に使用する管継手及びバルブ等の水密保持用のゴム材料の組成、品質(物性及び浸出性)、試験、検査などについて規定されている。
JWWA K 157‐2010 水道用無溶剤形エポキシ樹脂塗料塗装方法
  水道用の管類などの内面に塗装する二液性無溶剤形エポキシ樹脂塗料の組成、品質(物性及び浸出性など)、試験、検査、塗装方法、塗膜の品質(厚さ、ピンホールなど)などについて規定されている。
JWWA K 158‐2005 水道用ダクタイル鋳鉄管用ポリエチレンスリーブ
  地下に埋設する管類の外面防食のために使用するポリエチレンスリーブの材料、品質(物性)、形状、寸法、成形、試験、検査などについて規定されている。
JWWA G 120‐2013 水道用GX形ダクタイル鋳鉄管
JWWA G 121‐2013 水道用GX形ダクタイル鋳鉄異形管
  呼び径75〜250水道用GX形ダクタイル鋳鉄管及び異形管の機械的性質、黒鉛球状化率、浸出性、水密性、形状、寸法、質量、外観、塗装及びライニング、試験、検査などについて規定されている。
<平成25年3月26日に制定された主な内容>
1)直管、異形管及び接合部品の土壌と接触する外面には、耐久性を向上させるために耐食亜鉛系塗装が適用された。
2)直管の管種は、1種管とS種管の二種類とされた。
3)附属書Aに接合部品が規定された。
4)附属書Bに浸出性及び浸出試験方法が規定された。
5)附属書Cに継手性能試験方法が規定された。
6)附属書Dに耐食亜鉛系塗装の性能が規定された。


 
 日本下水道協会規格
JSWAS G−1‐2016 下水道用ダクタイル鋳鉄管
  呼び径75〜2600下水道用ダクタイル鋳鉄管及び異形管の機械的性質、形状、寸法、外観、試験、検査などについて規定されている。
<平成28年2月1日に改正された主な内容>
1)GX形呼び径75〜300、400が追加された。
2)NS形呼び径500〜1000が追加された。
3)S形管呼び径500〜1000、SU形管及びKF形管が削除された。
4)RF形・RF形(形式1)を呼び径600以下に限定した。
5)GX形管の外面塗装を新たに規定した。
JSWAS G−2‐2016 下水道推進工法用ダクタイル鋳鉄管
  呼び径250〜2600下水道推進工法用ダクタイル鋳鉄管の原管、内装、外装などについて規定されている。接合形式は、T形、U形、UF形、US形を規定している。
<平成28年2月1日に改正された主な内容>
1)先頭管及び最後管のKF形を削除し、NS形に置き換えした。
2)UF形推進管路を削除した。
3)U形及びUS形推進管路の異種継手管を削除した。
4)U形及びUS形推進管路のUF-UF形先頭管及び最後管を削除した。


 
 日本ダクタイル鉄管協会規格
JDPA G 1027‐2018 農業用水用ダクタイル鋳鉄管
  農業用水に使用する呼び径300〜2600ダクタイル鋳鉄管及び呼び径300〜2000ダクタイル鋳鉄異形管の機械的性質、水密性、形状、寸法、外観、塗装、ライニング、試験、 検査などについて規定している。接合形式はT形及びK形、管厚は薄肉管も規定している。
<平成27年8月6日に改正された主な内容>
1)JIS G 5526(ダクタイル鋳鉄管)、JIS G 5527(ダクタイル鋳鉄異形管)との整合を図った。
2)直管の内面にJDPA G 1053の塗装を追加した。
<平成30年10月11日に改正された主な内容>
1)JDPA G 1053「ALW形ダクタイル鋳鉄管」との整合を図って、直管内面のエポキシ樹脂塗料に無機系材料を混合した塗装の品質、試験及び検査を変更した。
JDPA G 1029‐2016 推進工法用ダクタイル鋳鉄管
  呼び径250〜2600推進工法用ダクタイル鋳鉄管の原管、内装、外装などについて規定している。接合形式は、T形、U形、UF形、US形を規定している。
<平成28年8月3日に改正された主な内容>
1)先頭管及び最後管のKF形受口及び挿し口を削除し、NS形に置き換えた。
2)UF形推進管路を削除した。
3)U形及びUS形推進管路の異種継手管を削除した。
JDPA G 1030‐2011 ダクタイル鋳鉄管
JDPA G 1031‐2011 ダクタイル鋳鉄異形管
  JIS G 5526・5527、JWWA G 113・114及びJSWAS G-1に規格化されなかった又はそのいずれかにのみ規格化された呼び径75〜2600ダクタイル鋳鉄管及び異形管について規定している。
JDPA G 1033‐2007 PII形ダクタイル鋳鉄管
  既設配管内に呼び径の小さい新管を挿入するパイプ・イン・パイプ工法に用いる呼び径300〜1350 PU形ダクタイル鋳鉄管、異形管及び接合部品について規定している。
JDPA G 1040‐2013 ダクタイル鋳鉄管用ステンレス鋼製ボルト・ナット
  ダクタイル鋳鉄管の接合に用いるステンレス鋼(SUS304系、SUS316系、SUS403)製ボルト・ナットについて規定している。
<平成25年6月20日に改正された主な内容>
1)新たな材料としてSUS304系にSUS304N1及びSUS304N2、並びにSUS316系にSUS329J3L及びSUS329J4Lを追加した。
2)SUS316系のGX形T頭ボルト・ナットを追加した。
3)JWWA G 120・121及びJDPA G 1049の附属書Aとの整合を図って製品の機械的性質に最大荷重試験を規定及びT頭ボルト・ナットのねじ部の長さを変更した。
4)採用実績がなくなったSU形及びKF形T頭ボルト・ナット、並びに呼び径500〜1000のS形ボルト・ナットを削除した。
JDPA G 1041‐2013 ダクタイル鋳鉄製貯水槽(耐震用・緊急用)
  呼び径1500・2000・2600ダクタイル鋳鉄製貯水槽の型式(分散型、集中T型、集中U 型)、貯水槽に用いる管、貯水槽内の管類、弁室内配管に用いる管などについて規定 している。
<平成29年8月8日に改正された主な内容>
1)貯水槽の構成部品として、採用実績がなくなったUF形直管及び異形管を削除した。
2)採用実績がなくなった帽及び栓の内面モルタルライニングを削除した。
3)JIS G 5526・5527、JWWA G 113・114との整合を図って表記などを見直した。
JDPA G 1042‐2014 NS形ダクタイル鋳鉄管
  耐地盤変動用の呼び径75〜1000 NS形ダクタイル鋳鉄管、異形管及び接合部品について規定している。
<平成26年2月13日に改正された主な内容>
1)射出成型によって製造する呼び径500〜1000NS形バックアップリングの注入ゲート部に凹部を設けてもよいこととした。
JDPA G 1042-2‐2017 NS形ダクタイル鋳鉄管(E種管)
  設計水圧1.3MPa以下で使用するNS形ダクタイル鋳鉄管(E種管)、NS形ダクタイル鋳鉄異形管(E種管)及び接合部品について規定している。
<平成29年8月8日に改正された主な内容>
1)呼び径100NS形ダクタイル鋳鉄管(E種管)ロング及びその接合部品を追加した。
2) ゴム輪(異形管用)(E種管)の丸部の圧縮永久ひずみを見直した。
3) JDPA G 1042-2(呼び径75・100)とJDPA G 1042-2-1(呼び径150)を統合した。
JDPA G 1043‐2014 ダクタイル鋳鉄製水管橋
  呼び径75〜300 GX形水管橋、呼び径75〜350 NS形水管橋、及びそれらの水管橋に用いる管などについて規定している。
<平成26年10月9日に改正された主な内容>
1)GX形水管橋に呼び径300 を追加した。
2)呼び径75×75 FGX形両挿しフランジ付きT字管のL寸法を見直した。
3)呼び径75〜250 FGX形テーパリングの内径寸法を見直した。
JDPA G 1046‐2019 PN形ダクタイル鋳鉄管
  既設配管内に呼び径の小さい新管を挿入するパイプ・イン・パイプ工法に用いる呼び径300〜1500 PN形ダクタイル鋳鉄管、異形管及び接合部品について規定している。
※PN形管は、NS形管やS形管と同等の離脱防止力:3DkN(Dは呼び径mm)を有している。
<令和元年10月10日に改正された主な内容>
1)呼び径400〜600の11-1/4゜、5-5/8゜、3゜曲管を追加した。
2)下水への対応を強化するため、管及び接合部品の塗覆装の適用規格にJSWAS G-1を追加し、ゴム輪の物性試験の適用規格をJWWA規格から汎用規格のJISに変更した。
JDPA G 1047‐2006 NS形防食ゴム付き切管用挿し口リング
  内面エポキシ樹脂粉体塗装管の切管部に、NS形挿し口突部を形成すると共に切管部を防食する呼び径75〜350 NS形防食ゴム付き切管用挿し口リングについて規定している。
JDPA G 1049‐2019 GX形ダクタイル鋳鉄管
  耐地盤変動用の呼び径75〜400 GX形ダクタイル鋳鉄管、異形管、接合部品及びソフトシール仕切弁について規定している。
※GX形管は、NS形管と同等の性能〔伸縮量:管長の±1%、離脱防止力:3DkN(Dは呼び径mm)、許容屈曲角度:4°(NS形の呼び径300は3°)〕を有し、施工性の向上及び長寿命化を図り、さらに経済的な対応ができる。
<平成31年2月7日に改正された主な内容>
1)呼び径400 GX形ダクタイル鋳鉄管及びソフトシール仕切弁の3種(10K)を追加した。
2)JWWA G 120・121及びJWWA B 120との整合を図って外面耐食塗装の代わりに耐食亜鉛系塗装でもよいこととした。
3)J施工性を考慮して呼び径300のP-Linkのフックのあな径を19mmから25mmに変更した。
JDPA G 1052‐2015 S50形ダクタイル鋳鉄管
  呼び径50の耐地盤変動用の管として、ダクタイル鋳鉄管、異形管及び接合部品について規定している。
※S50形管は、GX形管、NS形管と同等の性能〔伸縮量:管長の±1%、離脱防止力:3DkN(Dは呼び径mm)、許容屈曲角度:4°〕を有し、施工性の向上及び長寿命化を図っている。
<平成27年8月6日に改正された主な内容>
1)JDPA G 1049との整合を図って、外面耐食塗装の代わりに耐食亜鉛系塗装でもよいこととした。
2)現行品と同等の継手性能(離脱防止性、曲げ強度)を有し、形状・寸法が異なる抜け止め押輪を追加した。
JDPA G 1053‐2019 ALW形ダクタイル鋳鉄管
  設計水圧1.0MPa以下の農業用水用、下水道用(汚水及び汚泥を除く)及びその他(水 道用を除く)のパイプラインに使用する呼び径300〜400のALW形ダクタイル鋳鉄管及び接合部品について規定する。
<令和元年10月10日に改正された主な内容>
1)管路の通水性能の維持を図るために、な素面塗装への無機系材料の混合割合を規定し、シリカエポキシ樹脂塗装(粉体)はエポキシ樹脂塗料と同じ質量まで、シリカエポキシ樹脂塗装(液状)は液状エポキシ樹脂塗料の不揮発物と同じ質量までとした。
2)直管の方さ試験のJIS G 2243が廃止になったことから、新たに制定されたJIS G 2243-1に変更した。
3)ゴム輪の促進老化試験のJIS K 6257が改正になったことから、促進老化試験A法のAA-2から同じA法のAtA-1に変更した。
JDPA Z 2002‐2010 ダクタイル鋳鉄管継手用滑剤
  ダクタイル鋳鉄管の接合を容易にするために使用する継手用滑剤について規定している。
JDPA Z 2004‐2014 ダクタイル鋳鉄管類の表示
  ダクタイル鋳鉄管、異形管、接合部品及び塗覆装などに行う表示について規定している。
<平成29年10月5日に改正された主な内容>
1)適用管種にGX形管、NS形管(E種管)、S50形管、ALW形管を追加した。
2)直管の挿し口部白線表示に文字などの情報を追加する場合を追加した。
3)ライナを挿入した直管の受口に異形管を挿入する場合において、異形管の挿し口挿入量の確認を行うための赤線を追加した。
4)この規格にJDPA Z 2004-2(GX形管の表示)、JDPA Z 2004-3(S50形管の表示)、JDPA Z 2004-4 [呼び径75・100 NS形管(E種管)の表示]、JDPA Z 2004-4-1 [呼び径150 NS形管(E種管)の表示]を統合した。
JDPA Z 2009‐2011 ダクタイル鋳鉄管外面特殊塗装
  露出配管、水中配管などの特殊な使用条件で使用するダクタイル鋳鉄管及び異形管の外面塗装の種類、塗料、塗装方法、塗膜の品質(厚さなど)などについて規定している。
JDPA Z 2010‐2009 ダクタイル鋳鉄管合成樹脂塗装
  ダクタイル鋳鉄管及び異形管の外面などに塗装する合成樹脂塗料、塗装方法、塗膜の品質(厚さなど)などについて規定している。
JDPA Z 2011‐2009 ダクタイル鋳鉄管内面液状エポキシ樹脂塗装
  大口径のダクタイル鋳鉄異形管の内面などに塗装する液状エポキシ樹脂塗料(溶剤形及び無溶剤形)塗装方法、塗膜の品質(厚さ、ピンホールなど)などについて規定している。
JDPA Z 2015‐2007 水道用ダクタイル鋳鉄管モルタルライニング−シ−ルコ−ト
  水道用に使用するダクタイル鋳鉄管の内面モルタルライニングの表面に塗装するシールコートの材料について規定している。
JDPA Z 2016‐2005 ダクタイル鋳鉄管内面エポキシ樹脂粉体塗装
  ダクタイル鋳鉄管及び異形管の内面に塗装するエポキシ樹脂粉体塗料、塗装方法、塗膜の品質(厚さ、ピンホールなど)などについて規定している。
JDPA Z 2017‐2015 ダクタイル鋳鉄管用切管端面防食材料
  ダクタイル鋳鉄管(内面エポキシ樹脂粉体塗装)の切管部を防食するために使用する防食材料として、防食ゴム(GX形、NS形、K形、T形及びSU形に適用)及び塗料(全ての管に適用)について規定している。
<平成27年4月21日に改正された主な内容>
1)呼び径300GX形防食キャップを追加した。
2)GX形防食キャップのエラストマーの物性を見直した。
3)JWWA G 113・114、K 156との整合を図った。
JDPA G 3002-2‐2019 US形ダクタイル鋳鉄管(R方式)
  長距離かつ曲線区間の多いシールドトンネル内における管路工事の更なる工期短縮や管路布設費の低減のため、継手性能(耐震性、水密性等)は現行US形と同等で、受口長さの短縮、接合部品点数の削減、継手部のモルタル充填不要、「角度付き直管」を新たにラインアップなどの特長を有するUS形R方式を規定している。
<平成31年2月7日に改正された主な内容>
1)呼び径1500〜2200を追加した。
JDPA Z 2004-5‐2019 US形ダクタイル鋳鉄管(R方式)の表示
  JDPA G 3002-2のUS形ダクタイル鋳鉄管(R方式)、異形管、接合部品、塗装などに行う表示について規定している。


 
 ※関連資料
JDPA G 1049 (GX形ダクタイル鋳鉄管)規格の改正(要約)
(PDFファイル:1285KB)
JDPA G 1049 (GX形ダクタイル鋳鉄管)
(PDFファイル:301KB)
JDPA G 1041 ダクタイル鋳鉄製貯水槽(耐震用・緊急用)規格の改正(要約)
(PDFファイル:11KB)
JDPA Z 2015 水道用ダクタイル鋳鉄管モルタルライニング−シールコート 規格の改正(要約)
(PDFファイル:11KB)
JDPA Z 2005 ダクタイル鋳鉄管用ポリエチレンスリーブの廃止(要約)
(PDFファイル:14KB)
JWWA K 158(水道用ダクタイル鋳鉄管用ポリエチレンスリーブ)規格の制定(要約)
(PDFファイル:84KB)
JDPA G 1042(NS形ダクタイル鋳鉄管)規格の改正(要約)
(PDFファイル:47KB)
JDPA G 1046(PN形ダクタイル鋳鉄管)規格の制定(要約)
(PDFファイル:59KB)
φ75〜φ250 NS形ダクタイル管の新しい現地切管挿し口突部形成方法
〜テーパ一体形の切管用挿し口リングの場合〜
(PDFファイル:155KB)
φ75〜φ250 NS形ダクタイル管の新しい現地切管挿し口突部形成方法
〜既設埋設管切管用挿し口リングの場合〜
(PDFファイル:102KB)
NS形の寸法質量表
(PDFファイル:3310KB)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社のAdobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない場合には、左のボタンをクリックして、Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

 


このページのトップへ